デジタル墓【メンテ費用ゼロで、永代供養墓】

デジタル墓とは、伝統的な墓石にデジタル技術を融合させた、新時代のお墓の形です。

次世代の供養のカタチ

伝統的な墓石に、デジタル技術を融合させることが出来る、新しいお墓作りが可能になります。(製品:メモリアル墓石) 

物理的なお墓と仮想空間を結びつけることで、故人を偲ぶ方法に革命をもたらしました。しかし、このアプローチは、便利さと共に様々な課題も提示しています。今回は、デジタル墓のメリットとデメリットを探り、具体的な使い方について解説します。

新しいお墓のカタチ

デジタル墓のメリット

近年、従来の墓地・霊園の新しいサービスとして、インターネット上にあるお墓の情報を利用するサービスが注目を集めています。国外の寺院や霊園のウェブサイトでは、デジタル墓を活用した墓所管理を取り入れるケースが増えており、今後ますます普及していくことが予想されます。

  • 情報の豊富さ: 先祖の写真、動画、功績などを保存できます。これにより、お墓に豊富な情報を残すことが可能になります。
  • アクセスの容易さ: 遠方からでもお墓参りが可能になります。これにより、場所の制約を受けず故人を偲ぶことができます。
  • 情報の永続性: テクノロジー、特にブロックチェーン技術を活用して、先祖の情報を半永久的に保存することができます。
  • 継承負担の軽減: 未来のお墓の形態に合わせ、小さな墓石のみを移動することで、子孫に負担をかけずに先祖を継承できます。
  • 多様な埋葬方法への対応: 一般墓だけでなく、合同墓、樹木葬、納骨堂、自然散骨など、新しい埋葬方法にも対応しています。

デジタル墓の使える機能

  • 寺院や霊園内での限定閲覧は、特定の場所に訪れた人だけが先祖の情報を閲覧できる機能を提供します。
  • 遠隔地に住む親戚や友人がオンラインでお墓を訪れ、追悼供養やメッセージをお墓に残すことができます。
  • タイムカプセルのように、特定の未来に、お墓を訪れた子孫が特別なメッセージを閲覧できるように出来ます。

デジタル墓のデメリット

  • 高齢者はITが苦手: 全ての人がスマホやITを活用できるわけではないため、一部の人々はデジタル墓を利用することができない可能性があります。
  • 個人情報の保護: デジタル化された情報は、適切なセキュリティ措置(限定閲覧機能)がなければ、不正アクセスされる可能性があります。
  • 感情的な距離感: 物理的なお墓を大切にする人たちには、伝統的なお墓に特別な感情的な意味があります。デジタル墓は、この感情的な側面から否定されることがあります。

まとめ

デジタル墓は、故人を偲ぶ新たな手段を提供しますが、その導入にあたっては、個人情報の保護や高齢者の使い勝手、感情的な側面などの課題にも配慮する必要があります。

未来への継承という大切な役割を担いながら、デジタル墓は私たちにとっての追悼の形を再定義しています。

最近のブログ

私たちは、世界中で70万人以上の思い出の場を提供している経験を生かし、あなたのデジタルメモリアルをサポートします

Copyright © 2024 スマートシニア All Rights Reserved

×
×

Cart