お盆とお墓:デジタル時代のお墓参り

遠方にいる家族や親族がお盆で田舎に帰省できない場合でも、デジタル墓でお墓参りの場を提供できます。お盆の時期に特に活用されることが多く、遠方にいる家族や親族とのつながりを大切にするための貴重なツールです。

デジタル墓とは

デジタル墓は、先祖の墓誌に加え追憶(歴史・功績・想いで・写真、メッセージなど)を納めることができる新しいタイプのお墓です。従来のお墓とは異なり、多くの先祖の記録を残すことができ、場所を選ばず故人を偲ぶことができます。また、取外し可能な小さな墓石は、経済的にも負担が少なく、子孫への継承することができます。

最新の技術で、メンテナンスフリーで数十年や数百年後にも家族の歴史を仮想空間上に残します。また、プライバシーを守り、親族だけのオンラインコミュニティを形成することもできます。 ※追悼サイト(想いでサイト)は、デジタル墓で「先祖のファミリーヒストリーを保存するデータ領域」です。(想いでサイト)

お墓参りで活用

デジタル墓は、お墓参りの報告や、追善供養の様子を共有したり、お墓の清掃状況を写真で確認したりと、様々な使い方が可能です。

デジタル墓を活用することで、離れていても家族の絆を深め、故人への思いや感謝を伝え合いましょう。

活用例

    • お墓参りに行けないとき:お墓参り行けない方が追善供養の思いを共有することができます。自宅でお供えしたもの、写真やメッセージなどを投稿することで、実家や墓前の家族と共有することができます。
    • 家族の思い出の共有:お墓参りの報告だけでなく、家族の思い出やエピソードの共有にも活用できます。写真や動画、メッセージなどを投稿することで、家族の絆を強め、故人への思い出を語り合うことができます。遠方にいる家族や親戚も参加することで、家族のつながりを深めることができます。
    • 伝統の継承と記録:家族の伝統や家系図の記録にも役立ちます。先祖の功績や家族の歴史をまとめ、後世に残すことができます。遠方に住む子供や孫たちも、デジタル墓を通じて家族の歴史や伝統を学ぶことができ、大切な価値観や文化を受け継ぐことができます。

まとめ

デジタル墓は、遠方に住む家族や親戚と、大切な故人を偲ぶ気持ちを共有するための新たなツールとして活用できます。

お盆の帰省が難しい場合でも、デジタル墓を通じて、お墓参りや追善供養の報告を共有し、故人への感謝の気持ちを伝えることができます。物理的なお墓とデジタル墓を併用することで、家族の絆を深め、世代を超えて故人の思い出を語り継いでいくことができるでしょう。

永久デジタル墓は、コンパクトで、お墓に設置したり、自宅で保管したりできます。遠く離れた家族や友人、お世話になった方々にも、いつでもどこでも、故人を偲ぶ機会を提供します。

最近のブログ

私たちは、世界中で70万人以上の思い出の場を提供している経験を生かし、あなたのデジタルメモリアルをサポートします

Copyright © 2024 スマートシニア All Rights Reserved

×
×

Cart