デジタル墓とは:作り方まで徹底解説

近年インターネットの普及により、オンラインでお墓参りが出来るようになりました。遠方に住む家族や忙しい生活を送る人々が、故人を思い、供養する手段です。オンライン墓参りは「実際のお墓」と「仮想空間上の墓」がQRコードでリンクし、遠方の家族が先祖を偲ぶ場所となります。

遠方からの墓参り

オンライン墓参りとは、インターネット上のお墓で、遠く離れた家族や親戚と一緒に、故人を偲んだり、お祈りをしたりできる新しい方法です。

    • デジタル墓参り: インターネット上に作られたお墓や、「想いでサイト」で、故人の写真や動画を見たり、メッセージを送ったりできます。いつでもどこでも、故人を身近に感じながらお参りできます。

どちらの方法も、遠く離れていても、大切な故人を偲ぶ気持ちを表せる新しい形のお参りです。

お墓のデジタル化

デジタルお墓参りとは、インターネットを使って、遠く離れた家族や親戚と一緒に、故人を偲んだり、お祈りをしたりできる新しい方法です。

  • 1つ目は、お墓にQRコードを貼っておく方法です。スマホでQRコードを読み取ると、故人の写真や動画、思い出の品を見ることができます。お墓参りの報告をSNSでみんなに知らせることもできます。
  • 2つ目は、インターネット上に故人だけの特別なページを作る方法です。このページには、お墓参りの報告や思い出の写真、動画などを集めて、家族や親戚みんなで共有することができます。

どちらの方法も、遠く離れていても、なかなかお墓参りに行けない人でも、いつでもどこでも、故人を身近に感じることができます。

機能と利点
    • 墓参りの手軽さ:デジタル墓は最近では簡単で安価で作成することができます。高級国産墓石(QRコード)をお墓に取付けるだけです。一度作成すると、永代供養型のため管理費不要で追善供養をいつまでも可能です。
    • プライバシー保護:家族や親族だけが閲覧できるようにプライバシー設定できます。これにより、故人への思い出や感謝の気持ちを、家族・親戚・友人の人たちだけと共有することができます。
    • お墓の永代継承:デジタル墓を作成しておけば負担なくお墓を小さな墓標で継承することができます。仮想空間上のお墓は、⾃然災害などの影響を受けることもありません。

まとめ

デジタル化が進む現代、オンライン墓参りは、遠方に住む家族や親戚とのつながりを維持し、大切な故人を偲ぶ新たな方法として注目されています。

お盆の帰省が難しい時でも、デジタル墓を通じて、家族みんなで追善供養の報告を共有したり、仮想空間のお墓で故人を偲ぶ気持ちを分かち合ったりすることができます。

物理的なお墓参りだけでなく、オンライン墓参りも取り入れることで、より深く、そして便利に、家族の絆を育むことができるでしょう。

永久デジタル墓(雲のものがたり)は、先祖代々にわたって大切な想いを継承することができます。手軽な操作で続けられるこの方法は、遠方からでも故人への想いをカタチにする貴重な手段です。
最近のブログ

私たちは、世界中で70万人以上の思い出の場を提供している経験を生かし、あなたのデジタルメモリアルをサポートします

Copyright © 2024 スマートシニア All Rights Reserved

×
×

Cart