オンライン墓参りーいつでも行ける、故人に会える墓

近年インターネットの普及により、オンラインでお墓参りが出来るようになりました。遠方に住む家族や忙しい生活を送る人々が、故人を思い、供養する手段です。オンライン墓参りは「実際のお墓」と「仮想空間上の墓」がQRコードでリンクし、遠方の家族が先祖を偲ぶ場所となります。

遠方からの墓参り

オンライン墓参りは、故人を偲び、供養するための仮想空間の墓(デジタル墓)を通じて行われます。これは、インターネット上のお墓とも称され、遠隔地に住む家族や親戚が、大切な先祖を敬う場として利用できます。

※オンライン墓参りには、実際のお墓参りを遠隔ビデオや仮想空間で再現するリモート墓参りもありますが、「永久デジタル墓」を取り付けるタイプや、「追悼サイト」を作成して親戚や友人と共有するタイプがあります。

オンライン墓参りの2つ

永続的なオンライン墓参りを可能にする方法は、お墓に取付ける小さな墓石製のデジタル墓と、仮想空間上にネット墓を作成する「追悼サイト」があります。永久デジタル墓は、数十年や数百年の永代供養墓を作ります。追悼サイトは、お墓参りの報告や思い出の写真アルバムなどの保存が可能です。どちらも活用した永久デジタル墓(タイプ2)は、遠く離れた家族や親戚同士が共有し、故人への深い思いや感謝の気持ちを共感できます。この方法により、故人との絆を保ち、思いを継承することができます。

機能と利点
    • 墓参りの手軽さ:デジタル墓は最近では簡単で安価で作成することができます。高級国産墓石(QRコード)をお墓に取付けるだけです。一度作成すると、永代供養型のため管理費不要で追善供養をいつまでも可能です。
    • プライバシー保護:家族や親族だけが閲覧できるようにプライバシー設定できます。これにより、故人への思い出や感謝の気持ちを、家族・親戚・友人の人たちだけと共有することができます。
    • お墓の永代継承:デジタル墓を作成しておけば負担なくお墓を小さな墓標で継承することができます。仮想空間上のお墓は、⾃然災害などの影響を受けることもありません。

まとめ

デジタル化が進む現代において、オンライン墓参りは家族のつながりを維持する有力な方法です。物理的な距離が障壁となる状況でも、オンライン墓参りは適切な供養を支援します。 例えば、遠方にいる家族や親族がお盆で田舎に帰省できない場合でも、デジタル墓を利用することで追善供養の報告を共有することができます。

仮想空間上にお墓がある人は、お盆や命日に大切な先祖を偲ぶ心を共有するのに役立ちます。ご先祖様のお墓参りや報告を共有することで、物理的な墓参りと合わせて親族のつながりを保ちます。

永久デジタル墓(雲のものがたり)は、先祖代々にわたって大切な想いを継承することができます。手軽な操作で続けられるこの方法は、遠方からでも故人への想いをカタチにする貴重な手段です。
最近のブログ

私たちは、世界中で70万人以上の思い出の場を提供している経験を生かし、あなたのデジタルメモリアルをサポートします

Copyright © 2024 スマートシニア All Rights Reserved