あなたに最適な自宅墓の選び方ー4製品の比較

お墓の継承者がいないなどの理由で、近年、自宅用のお墓が一般に受け入れられてきています。ここ数年、自宅墓の購入数が増え、仏壇や遺影、花瓶、QRコードなどと一体化したモダンなデザインになってきています。自宅墓はコストパフォーマンスが高く、コンパクトなので、自宅でも違和感なく置くことができます。

自宅墓のメリット

自宅に置くお墓を選ぶ方は、引越しが多い、移動する可能性がある、樹木葬・散骨・合同墓なのお墓がない、お墓じまいに不安がある、おひとりさまや、子供のいない夫婦、継承の問題を解決したいなど様々です。

  • 故人や先祖を身近に樹木葬・散骨・合同墓などより身近に感じることができます
  • お墓を移動できる:引越しが多い方や転勤などでも、お墓をかんたんに移動できます。
  • 費用と管理費が低い:通常のお墓に比べ、コストが低く、維持費用が不要です
  • 納骨の手続きが簡単:自宅墓を自宅に置くのに、許可は必要ありません
  • 迷惑をかけない継承:通常のお墓とは違い、家族や後継者が継承する場合はコストがかかりません。

注)自宅墓を選択された場合、残ったお骨は、散骨などで供養していただく必要があります。また、自宅墓を家族の記念碑として納骨しない例もあります

自分に合った自宅墓を選ぼう(4製品の比較)

近年の墓じまいの増加や住環境の変化により、自宅墓は多様化しています。ここでは自分に合ったものを選ぶための情報をお伝えします

1. 宅墓「おくぼ」

石の台座と一体化したステンドグラスのフォトフレーム。ステンドグラスと御影石の相性が良く、幅180mm×奥行255mm×5kgと重厚な製品です。分骨後に残った遺骨は、阿蘇くじゅう国立公園(熊本県・大分県)で永久に供養することができます。(¥80,000税込)

2. まなか ミニ骨壺

木製の台座にミニサイズの骨壷を乗せた、豪華なデザインです。骨壷の代わりにフォトスタンドも収納できます。少し大きめの台座(幅26.5cm×奥行26.5cm)には、花台や指輪、教室などを置くことができ、お仏壇と合わせて故人の供養にもお使いいただけます。(¥135,850税込)

3. 大野屋のミニ骨壺と手元供養墓

ウッドベースにミニサイズの骨壷とフォトスタンドが設置されています。一輪挿しにガラスの筒をつけたエレガントなデザインです。お仏壇と合わせて携帯用のお墓として、また、机の上に置いて思い出の品としてお使いいただけます。(¥29,700税込 - 骨壺別売り)

4. デジタル墓(写真立て付き)

納骨ができる写真立てと、インターネット上にあるネット墓(ネット墓地)が融合した新しいタイプの自宅墓です。デジタル化した故人の思い出(写真・手紙・ビデオ)を入れることができます。お墓の本質は「想いで」「自然に還る」というコンセプトで、自然木のシンプル・デザインです。((¥24,800税込)

まとめ

自宅墓は散骨や墓じまいなどで遺骨が無い人の詣り墓としても利用することができます。近年では、故人の記念碑として、家族の追悼や思い出を共有する場所としても活用されます。また、お墓の維持管理を行う必要もなくなり、継承がかんたんになるため、継承問題を解決することができます。

今後はますます、省スペース・低コスト・簡単手続き・デジタル化というメリットを生かし、自宅墓は進化してゆくと予想されます。

最近のブログ

私たちは、世界中で70万人以上の思い出の場を提供している経験を生かし、あなたのデジタルメモリアルをサポートします

Copyright © 2024 スマートシニア All Rights Reserved