ring

NFTをモノにして簡単に楽しめる、ウォレット不要

NFTデータ彫刻は、NFTをモノに刻む新技術です。ウォレット不要で、永久QRコード(特許出願中)を読み込むだけでNFT情報にアクセスできます。石、金属、木材など様々な素材に彫刻可能です。

NFTを取り巻く環境

近年、NFT(非代替性トークン)は、アート作品、音楽、ゲームアイテムなど、様々なデジタルデータに紐付ける技術として注目されています。

NFTとは簡単に言えば、所有証明書付きのデジタルデータであり、偽造や複製ができないため、現実の物と同様に継承できます。

2023年度の世界市場規模は約204億米ドル(約2兆7千億円)と、大きな成長を遂げています。

NFT market

しかし、NFTにはいくつかの課題があります。

  • ウォレットが必要: NFTを扱うためには、暗号通貨ウォレットと呼ばれる専用のツールが必要となります。これは、多くの人にとってハードルが高いと感じられる要素です。
  • アクセスが難しい:NFTの情報を確認するには、ウォレットを使ってブロックチェーンと呼ばれる技術を理解する必要があります。これは、専門知識がない人にとっては難解な作業です。

これらの課題を解決し、NFTをより身近なものにするものがNFTデータ彫刻(NFT彫刻-特許出願中)です。

NFTデータ彫刻とは

「NFTデータ彫刻(NFT彫刻)」は、NFTを現実世界の物に刻み込む技術です。この技術によって、多くの人が  ”仮想空間の物” を”物質的な持ち物” として所有できます。

  • ウォレット不要: ウォレットがなくても、永久QRコードを読み込むだけでNFTの情報を確認できます。
  • アクセスが簡単: スマートフォンがあれば、誰でも簡単にNFTの情報を確認できます。
  • 様々な素材に対応: 石、金属、木材など、様々な素材に彫刻できます

NFTデータ彫刻の特徴

NFT彫刻技術は、以下の3つのステップで実現されます。

  1. NFTデータをブロックチェーン上に保管: 偽造や改ざんができないように、データを安全に保存します。
  2. 永久QRコードを作成: スマートフォンで簡単にNFT情報にアクセス出来る、特別なQRコードを生成します。
  3. モノに永久QRコードを彫刻: 石、金属、木材など、様々な素材に永久QRコードを彫刻します。
     ※NFTトークンの作成はいつでも可能です。(ウォレットへの移動時)
  • 数百年後もデータが失われない: 一般的なQRコードは、時間の経過とともにリンク切れしてしまう可能性があります。しかし、データ彫刻技術で使用するQRコードは、ブロックチェーンと連動することで、数十年、数百年後もデータが失われることなく保存されます。
  • 管理費無料で保管が可能: ブロックチェーンと分散型ゲートウェイを活用することで、NFTデータの管理費無料で数十、数百年の保管が可能です。
  • 様々な可能性を…:データ彫刻されたNFTは、所有権の移転、自己保管、ギャラリー展示、所有者専用コラボレーションなど、様々な用途に活用できます。

NFTデータ彫刻の利用例

NFT彫刻は、様々な分野で活用できます。

  • 高級ブランド品: 商品に永久QRコードを彫刻し、動画・写真・メッセージなどの情報を提供できます。
  • 美術品: 作品に永久QRコードを彫刻し、作者のメッセージなどを動画・音声で保存できます。
  • 記念品: アート作品をデジタル化し、記念品に彫刻して販売できます。

まとめ

NFTデータ彫刻は、NFTを誰でもモノに追加して簡単に楽しめる技術です。このNFT彫刻に使われる永久QRコードは、数十年、数百年後もリンク切れすることなく保存されるブロックチェーン上のデータと紐づいております。

※一般に利用されるQRコードは、1年後には40%程度が使えなくなり、20年後には95%以上がリンク切れしてしまうと言われています。

この技術によって、NFTを様々なモノに追加することで活用され、私たちの生活を豊かにしてくれるでしょう

最近のブログ

私たちは、世界中で70万人以上の思い出の場を提供している経験を生かし、あなたのデジタルメモリアルをサポートします

Copyright © 2024 スマートシニア All Rights Reserved

×
×

Cart