stone engraving1

石へのデータ彫刻「サーバー不要、管理コストゼロ」

従来の石材彫刻は、サイズで情報量が制限されていました。しかし、石へのデータ彫刻技術と石刻QRコードの開発により、この問題を解決しました。石刻QRコードは、従来のQRコードとは異なり、大量の情報を石に永代保存できます。

石材彫刻と、永久QRコード

二次元バーコードーQRコードは、瞬時に情報へアクセスできる便利なツールですが、データを保存するサーバーやURLに依存し、リンク切れや変更のリスクがありました。

これを解決するために、永久ストレージ(NFT)と一体化したQRコード「永久QR」を開発しました。

サーバーやウェブサイトの管理に依存せず、ブロックチェーンに永続的に保存されたデータへ直接リンクします。そのため、永久QRコードを彫刻すると、閲覧できるデータを取り消したり無効にしたりできなくなる永代性の特長があります。

メモリアル墓石1

永久QRコードのメリット

  • サーバー管理不要: ブロックチェーンに直接リンクするため、サーバー維持の必要がありません。
  • コスト効率: 維持費用がかからず、一度の設定で永続的に数十年から数百年の使用可能です。
  • 改ざん防止と安全性: ブロックチェーンの不変性により、データのセキュリティが強化されます。

    ※「永久QRコード」の制限は、一度作成されると、リンク先や情報を更新することはできません。これは永続的な情報には理想的ですが、頻繁に更新が必要な情報には不向きです。

従来のQRコードとの違い

特長 従来のQRコード 永久QRコード

データ領域

なし
あり

サーバー依存性

必要(リンク先のサーバー)
不要(ブロックチェーン上にデータが保存される

改ざんの可能性

あり(リンク先の変更や偽装が可能)
なし(ブロックチェーンにより改ざん不可能)

初期設定費用

低(簡単に生成可能)
比較的高(ブロックチェーン技術の利用にコスト)

維持費用

サーバー維持費が発生
なし(ブロックチェーンにより維持費用が不要)

用途の多様性

広範囲(情報更新の必要性がある場合に適している)
限定的(改ざんが許されない永続的な情報に適している)

※従来のQRコードと永久QRの主な特徴を比較したものです。用途に応じて、どちらのタイプのQRコードが適しているかを判断するのに役立ちます。

永久QRコードの利用例

永久QRコードは、アーカイブ記録、記念品、あるいは改ざんを許さない重要な情報の保管に最適です。一方で、頻繁に更新が必要な情報には、従来のQRコードが適しています。

  • 美術品: 作品をデジタル化して石にQRコードで彫刻することができます。作者のメッセージなどの情報を動画・音声などが永久保存されます。また鑑賞時に特別な体験を提供できます。
  • 記念品: アート作品をデジタル化し記念品(石など)に彫刻し、NFTとして販売することで、デジタルとフィジカルを融合させた、新しいアート表現を生み出せます。
  • 建物の銘板: 建築物の設計図や歴史などの情報を彫刻することで、建物の価値を高め、訪れた人に情報を提供できます。
  • 墓石や記念碑:先祖の歴史を文字彫刻だけでなく、先祖の功績・感謝・ファミリーヒストリーを画像・ビデオ・音声などで後世に伝えることができます。

石へのデータ彫刻技術は、下記のような様々な分野で活用できます。(NFTというトークンで利用価値が広がります)

※ NFTは所有証明書付きのデジタルデータです。つまり、オーナーシップが一意の所有者に紐づき偽造も複製もできないために、現実のモノと同様に継承できます。

まとめ

石へのデータ彫刻は、永久QRという、従来のQRコードと違いデータストレージが追加されたQRコードを使います。そのデータストレージはブロックチェーンを活用し、長期的な安全性と持続性を提供します。

この新しい技術は、従来の石材彫刻に加え、改ざん防止の強化とコスト効率の良いデータ保管方法を提供しますが、情報の更新が必要な場合には制限があります。適用するシナリオを考慮し、永続性が重要な場合にこの技術を活用することをお勧めします。

最近のブログ

私たちは、世界中で70万人以上の思い出の場を提供している経験を生かし、あなたのデジタルメモリアルをサポートします

Copyright © 2024 スマートシニア All Rights Reserved

×
×

Cart