訃報連絡のデジタル化

死亡記事や、死亡広告は急速にデジタル化が進んでおり、一般の方もメモリアルサイト(追悼サイト)デジタル版が盛んです。遠方にいる方や連絡を取りづらい方にも、著名人と同様に人物評伝をしっかりと書き、追悼記事訃報や葬儀の情報を知らせる手段としてとして普及しつつあります

目次

訃報連絡のデジタル化
小さな葬儀が進む中、葬儀に参列できない方への訃報告知ができる有効な手段として新聞に代りにオンライン上の【お悔やみ】が使われます。近年では、社葬や著名人の方々が利用するだけでなく、一般のかが多々も参列できない方々への正式な弔辞報告となります。
 今回は、「死亡広告」と「お悔み記事」の違いから、デジタル版の特徴について説明します

1.「死亡広告」と「お悔み記事」の違い

死亡広告とは、新聞に有料で掲載できる訃報告知のことです。別名「お悔やみ広告」「黒枠広告」とも呼ばれています。近年は個人情報の観点や、新聞購読数の減少から活用が減少傾向にあります。掲載内容は葬儀の日程案内、または葬儀を終えた後の告知を伝えるものに絞られます。

依頼する際には、葬儀社や仲介サイトがビジネスとして受け付けています。新聞社と葬儀社の関係から、遺族が掲載新聞社に直接依頼は基本不可となっています。
お悔み記事とは、新聞で同じく訃報告知が行える、「お悔み記事(お悔やみ欄)」です。記事としての扱いとなるため、死亡広告とは異なり無料で、掲載の有無は新聞社の判断になります。地方新聞では、高齢者の方々が知合いの訃報を知る手段とすることが多く、新聞社が発行部数(購読数)を得るためにお悔み記事を載せることも有ります。

お悔み記事の内容については、葬儀社や役所に掲載希望の旨を伝えますが、新聞社の都合によって掲載されない場合もあります。

2. 訃報報告のデジタル化

 生前、活躍された著名人や社会的に重要な地位にいた方のみが新聞掲載するものと思われがちですが、地域によっては、一般の方も死亡広告を利用しています。 遠方にいる方や連絡を取りづらい方にも、訃報や葬儀の情報を知らせる手段として役割を果たしています。紙媒体として大勢に向け、葬儀の予定を知らせる場合や葬儀後の告知を行う場合にも使われます。
 近年になり、著名人の死亡記事としては、朝日新聞の惜別・ひと人生、読売新聞の追悼抄、毎日新聞の悼む、産経新聞の葬送、などの人物評伝をしっかりと書くという追悼記事も見受けられるようになりました。
 
デジタル化も進んでおり、大手新聞社のデジタル版に掲載されるようにもなりました。紙媒体からデジタル版に移行された理由は、これらの死亡記事は追悼の意味がり、多くの方々に一定期間見ていただく目的があるため ”紙面の文字数に制限されない”、一日限りの紙媒体に代わるものとなってきております

お悔み記事のデジタル化は、メモリアルサイト(追悼サイト)が欧米では一般的に使われます。新聞と違い一般の方は故人の思い出ーを掲載できるので、参列できない方々へ訃報を知らせる手段としてとして普及しつつあります。

新聞との違いは、「参列できない方が供養メッセージ投稿ができる」「家族だけなどの閲覧制限ができる」「故人を偲ぶお悔やみサイトとして永続的に活用できる」「新聞と比べて長期間掲載で安価である」があります。

3. 訃報報告の費用

新聞版

<費用>

死亡広告の費用は、全国紙・地方紙など新聞の配布範囲や、掲載サイズ、行数によって料金が異なります。より広く告知したい場合には全国版を、地域の方を中心にお知らせしたい時には地方版を選びます。全国紙は、料金設定が高めの傾向があります。目安となる料金は、以下のとおりです。

全国紙朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、日本経済新聞)
 
・1cm×2段 11~35万円
・5cm×2段 55~180万円
・10cm×2段 110~350万円
 
地方紙
 
・5cm×2段 15~70万円
・10cm×2段 30~140万円
 
地方紙の中でも、北海道新聞、中日新聞、西日本新聞、河北新報の4紙は他の地方紙よりも料金設定は高めです。
沖縄においては電話で訃報を知らせることはせず、地元紙に死亡広告を掲載するのが一般的で、沖縄で発行されている「琉球日報」や「沖縄タイムス」では、新聞の片側1面が全て死亡広告になります。

デジタル版

<費用>

ほとんどの追悼サイトは無料版を提供しています。無料版はお試しとして掲載写真数・コメント数・メモリー容量などが限定されています。 有料版は、公開期間(ウェブサイトではホスティングと呼ぶ)での値段設定となっている場合が多く、目安となる料金は下記の通りです
  • 一カ月掲載:500~1000円
  • 1年間掲載:3000円~1万円
*永代プランなども用意されている会社が多い
 

新聞と比較して、デジタル版の死亡広告は入稿・校正・印刷などが無いため安価です。ひな型も豊富で、気に入らなければ消去も簡単です。ただし、希望する写真やコメントを入れてもらう場合は業者により追加費用がかかる場合があります

4. まとめ

小さな葬儀が進む中、葬儀に参列いただけない方への訃報報告に使う有効な手段としてお悔やみサイト(想いでサイト)があります。

お悔やみサイトは、葬儀や告別式に参列できなかった方々に対して、失礼のない形で訃報報告を行うことができるという利点があります。

参列できなかった理由はさまざまです。遠方に住んでいたり、身体的な制約があったり、仕事や予定が重なっていたりする場合などが考えられます。しかし、それは必ずしも故人への哀悼の気持ちがないわけではありません。そのような方々にとって、お悔やみサイトは重要な役割を果たします。

お悔やみサイトを利用することで、参列できなかった方々は故人への思いを伝えることができます。訃報報告のページや追悼のメッセージを通じて、自分の感謝や哀悼の意を伝えることができます。

また、他の参加者とのコミュニケーションも可能です。コメントや追悼メッセージを通じて、互いに思いを分かち合い、故人を偲ぶことができます。

 お悔やみサイトは、追悼サイトとも呼ばれ、迅速に大勢の人に自由な内容で訃報を届けられる手段になります。無料版から使うことができ、遺族・友人・お世話になった方々にとってもコンタクトレスで遠方からでも追悼メッセージを送れるのはメリットです。
最近のブログ