歴史を伝える新技術

墓石の寿命に比べてデジタルデータの保存期間が短いという課題に対応し、ブロックチェーンを使って長期間のデータ保存を実現しています

オンチェーンNFTの活用

石へのデータ彫刻とは

今から6万年以上前のネアンデルタール人による、マルトラヴィエソ洞窟の最古の壁画から、約 5,000 年前に栄えた古代エジプトの肖像画まで、人類は記憶を石に彫刻しました。この未来に伝える技術は進化を遂げ、今ではブロックチェーン(NFT)という革新的な方法も手に入にれました。

記念墓は、従来の物理的な墓石とデジタル技術を組み合わせた新しい形のお墓です。具体的には、墓石に取り付けられたメモリアル墓石を通じて、先祖の墓誌だけでなく、業績、思い出などのデータを閲覧することができます 

従来のデータの永続性を担保できない一時的なシステムではなく、ブロックチェーン上の分散台帳に先祖の歴史を記録し、未来につなぐことが出来ます。

特別なQRコードを利用

メモリアル墓石で使用されるQRコードは、セキュリティや改ざん防止を重視する永代保存用途に適しています。また、サーバー管理や費用も不要です。一方で、従来のQRコードは情報の更新が頻繁に必要な場合や、簡便さを優先する用途で使われます。

悪意のあるサイトへのリダイレクト対策: ブロックチェーン上のNFTへの直接リンクを使用し、URLの変更やリダイレクトを不可能にしています。また、静的QRコードを使用することでリダイレクトのリスクを排除することも可能です

QRコードのリンク先の消滅の懸念: リンク先の消滅を防ぐため、ブロックチェーン上のNFTプロジェクトが存続する限り、データへのアクセスを確保する分散型システムで管理しており、会社単体でのリンクドロップのリスクを最小化しております。

◆ プライバシー情報が見られる可能性対策:QRコードを所有者しか閲覧できないように制限。墓前以外での閲覧をブロックする仕組みを導入。データは公開データと限定公開部分に分け、パスワードでプライバシーを保護もできます

先祖の記念碑のある墓作りとは

◆経済的:小さなお墓は取外しができ、子孫に負担のないお墓の継承を実現します。

◆お墓参り:先祖の歴史・業績・作品(詩、絵、本など)で、お墓参りを意義深くいものにします。

◆歴史を残す:お墓に保存することで、想いでを家族の歴史に刻むことができます。

注意:ブロックチェーン上でお墓のデータが保存されます。

未来のデジタル法要に対応

リモート墓参り

メタバース合同慰霊堂とは、仮想空間上に存在する霊園です。従来の霊園は、遠方から法事参加が、時間や体力的に難しいという課題がありました。メタバース合同慰霊堂は、これらの課題を解決します。

 

※ 先祖の記念墓はNFTで作成されているため、今後はメタバース上で法要できるようになります。

よくある質問

データをブロックチェーン上に保管し、料金100年間の前払いシステムを組み合わせ、継承データの保存期間を最低100年保証しています。Permawebと呼ばれるデータ永久保存プロジェクトです(詳細:英語) ※契約に保証内容有り

ブロックチェーン上にデータの永久保存が可能な、Arweaveを使用しております。このため大切なデータを失うことはありません。

写真・書類を永久保存場所にアクセスするQRコード(URL)をご提供します。別途ウェブサイト(Web3)を使用することも可能です。弊社ではWeb3のウェブサイトはUnstoppable Domain社の .nft拡張子を採用しております。

ご登録の電子メールがハッキング・ブラックリスト入りしているかをリアルタイム監視しています。

永代保存する写真・書類のアクセス制限が可能です。保存データを暗号化しURLを紐づけることで、URLを知っている人しか閲覧できないようにすることができます。

はい。プライベート化された写真・書類のQRコード(URL)を共有することで、知る人のみが写真や書類にアクセスが可能です。*いつどこでアクセスされたかもログ記録します。

信頼のグローバルインフラ技術を使用

私たちは、未来につなぐ思い出の場を世界70万人以上に提供しているノーハウを生かし、パートナーさまのデジタル化サービスをサポートいたします

Copyright © 2022 スマートシニア All Rights Reserved

×
×

Cart